Monthly Archives: 11月 2017

【レポート】 第4回 悠々読書会 11月4日

ようやく長雨が終わり爽やかな寒気で街が模様替えした日に第4回悠々読書会は三軒茶屋で開催されました。

この記事では、紹介された本と、そのブックトークを紹介します。
ブックトークは主催者の性能の問題ですべてを記録してはおりません。

原因と結果の経済学
中室牧子 津川友介

・文系でもわかりやすい、読みやすい、具体例を見ていると面白い
・経済学者は自分の言いたいことを言う
→だからいつも同じことを言う
→数字の有意性を考察しているのは経済白書くらいなもの
・相関関係を区別して考えるようになった
→それは重要なことですね
→統計分析は難しい
→アウトレットモールはお金を使うつもりで来ているがショッピングモールは時間を過ごす意識で来ている
→飲食店の売上にずいぶん差がある
・市場の詳細を把握できなくなっている
→システムトレードでは瞬間に多数の取引が成立するようになっている
→もう誰も何が起きているかわからなくなっている
→金融庁が調査に乗り出している
→理系の既成の概念を持ってくる人もいる
→ファンドマネージャーは宗教家のようになっている

評論家入門―清貧でもいいから物書きになりたい人に
小谷野 敦

・文学の裏話が多くて面白い
・研究と評論の違いがよくわかって面白い
・評論家は自分の見方を持っていて小説をだしにしてものを言っている
・日本人が夏目をすごいと思っているのは江藤のつくった夏目像の問題だと思っている
→江藤は自分のことを語っている
→小林秀雄はランボオを論じているが、これも小林が勝手に作った像
→日本人が思っているアランは小林の作った像
・研究者は作品の解説だけやってる人
→小谷野さんの本はずっとこんなスタイルで書いてある
・研究者の本は面白くない
→文系の学問は言いたいこと言ってるだけだから本人が面白い人であれば面白い
→作品に従属しているのが研究者
→自分の主張があるというよりも研究している
・論評を読んでいる方が面白いというのは感覚的にわかる
→面白いものは研究したくなる
→面白いと思うときに研究が存在するのである
・文学でも本人(作者)がそこまで言ってないときにそこまで言ったと主張するというのがある
→研究というのであれば越えてはいけないと考える
→深読みしすぎているので本人の言い分と評論家の言い分を分けて言うようにしてほしい
・小林秀雄
→考えることよりも感じること
→運命に従う人である
→知や考えることには、生活実感をこえるものはない

蜜蜂と遠雷
恩田陸

・青春群像劇
→青春のキラキラが表現されている
→作中で二週間くらいの話だが「わたしはここまでしたかったんだ」と気付くまでの登場人物の心情がよく描かれている
→読み終わった後にもう一度読み返したくなる
・ピアノコンクール
→音楽を題材として取り上げた内容
→読んでいくうちに音楽が聞こえてきそうだと言われている
・恩田陸の作品の中でもベスト
→最高傑作だと思っている
→他には綿矢りさを読む
→綿矢リサを読んでいる人、多数
→女流作家の面白みがある
→男性だと文章が明晰すぎてつまらない、明晰な文章を書きたがる傾向がある
→女性は身体の伴う文章なので読んでいて面白い
・恩田陸の文体
→身体性はそれほどでもないので男女ともに楽しめるのではないか

世界中が夕焼け
穂村弘 山田航

手紙魔まみ、夏の引っ越し(ウサギ連れ)
穂村弘

ことばおてだまジャグリング
山田航

・結社に所属して短歌を詠んでいる
→結社?
→短歌ではそういう言い方をする
・短歌では「世界中が夕焼け」のように誰かが読んで他の人がコメントをつける形式は一般的ですか?
→いいえ
・詩というのは味わい方が重要です
→専門家の言葉、解説できる人が必要だとは思う
→自作の短歌を発表できる場は多くなっている
→だが皆ビッグネームばかりを見るようになっている
→評論家の仕事に期待したい
・短歌の解説をしている人、特定の観点から見ている
→既存の見方にあてはまらない文学があったらそれは偉大な文学だという世界
→フレームワークというものがあると思う
→定石というものがある
→本当に上手い人はそれをわかっていて崩している
→自由に詠めるというのは、どうなんだろうと疑問を感じる
・穂村弘さんが清書をやっている
→見ていると面白い
→短歌は生活者の視点
→そういう感性に基づいているところが良いと思った
・本として成立しているのは山田さんが山田さんの見方でつくっているから
→穂村さんは脳の中の「あるある」を表現していくのが大事だと言っている

幕末純情伝
つかこうへい

・幕末を舞台としてつかが自分の語りたいことを語った戯曲
・熱を味わってほしい
・戯曲の面白みはどんな部分にあるか?
→人物がデフォルメされたところ